6月14日からJR淵野辺駅の発車メロディが銀河鉄道999になる!

Text by

  • 9
ゴダイゴオフィシャルサイト

ゴダイゴオフィシャルサイト

JR淵野辺駅の発車メロディがゴダイゴの「銀河鉄道999」に変更される。JR東日本が相模原市や駅周辺自治体の要望に答えたもので、6月14日から運用が開始される。

淵野辺駅は宇宙の玄関口

宇宙と何の関係もないようにみえる淵野辺駅だが、実は大きな関連性を持っている。日本の航空宇宙開発を担う宇宙航空研究開発機構相模原キャンパスの最寄り駅なのだ。

地元自治会などで構成された「大野北地区まちづくり会議」は、「宇宙に一番近いまち淵野辺」として全国に存在をアピールしていた。その一環として淵野辺駅の発車メロディを宇宙にちなんだ曲に変更をするよう前々から要望しており、今回その要望をJR東日本が受け入れた形だ。

発車メロディに選ばれたのは銀河鉄道999

宇宙にちなんだ発車メロディと言うと、スターウォーズのテーマやめぐりあい宇宙、宇宙戦艦ヤマトのテーマ、ペガサス幻想、芝草宇宙テーマ曲ぶっちぎりの青春などが候補としてあがってくる。

今年3月、地元住民へ宇宙に関連した発車メロディに変更する事の是非と、ふさわしいと思う曲は何かを約800人にアンケート。その結果7割が変更に賛成した。そして、宇宙を感じさせる発車メロディにふさわしいと思う曲は銀河鉄道999だったのだ。

見事選ばれた銀河鉄道999は、ゴダイゴのタケカワユキヒデ氏作曲で、1979年に公開された映画「銀河鉄道999 The Galaxy Express 999」の主題歌である。2008年にEXILEがカバーし、CMに使用されたことから若者にも人気が高い。

淵野辺駅ユーザーにとっては、毎日の通勤通学が少しだけ楽しくなりそうだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking