ネットを繋いだらNHKの受信料?会長が意欲を見せる

Text by

  • 7
123RF

123RF

テレビを持っていると有無を言わさず徴収されるNHKの受信料。NHKの番組を1秒たりとも見ていなくとも、支払う義務が発生すると言う、なんとも納得のいかない制度である。

受信料徴収員に「映らないようにして良いから金を払いなくない」と言っても、電波法を盾に「金を払え」と迫ってくる。例え生活に困窮していてもだ。

そんなNHKがニュース番組で「庶民感覚」を語っているのを見ると、なんとも腹立たしい思いがする。

NHK会長がネットとスマホの同時配信と受信料徴収を検討

最近はテレビ離れや制作番組に関する不満、会長の不適切発言等々の影響で、NHKの受信料収入が減少傾向にある。NHK会長の籾井勝人氏は、そんな現状を「放送と通信の融合」で乗り切ろうと考えているようだ。

同会長は、毎日新聞のインタビューに応じ、電波法を改正した上で、今後3年以内にインターネットとスマートフォンにもNHKの番組を同時配信し、受信料を徴収する方針であると発言した。

テレビのようにネットを繋いだら番組を例え見ていなくても受信料徴収対象になってしまうのか、CS放送のように視聴した番組に対し受信料を支払うのかは不明だ。しかしニュアンス的には前者の可能性も捨てきれないのである。

ネットユーザーからは怒りの声

ネットを繋いだら有無を言わさず受信料支払対象なるとも取れるような発言に、ネットユーザーからの怒りが爆発している。NHKの受信料支払対象が増えると言うことは、当然負担が増える訳で、事実上の増税である。

配信している番組を見てもいないのにテレビ、ネット、スマホの3部門個別に料金を払うとなれば、到底納得出来るものではない。しかし、NHK会長は「金が欲しい」一新で、このような悪法を導入しようとしている。

ちなみにNHK職員の年収はサラリーマンよりはるかに高いとされている。その年収を減収させれば、経営はうまくいくのではないだろうか。

今回の件は政府の「取れるところから税を取る」と言う考えと同様で、非常に許しがたい話である。絶対に許してはならないと思うが、皆さんはどう思うだろうか。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking