野々村氏、カード明細書を悪用か?警察は任意の事情聴取を開始

Text by

  • 2
野々村竜太郎オフィシャルブログ

野々村竜太郎オフィシャルブログ

日本を震撼させた「号泣記者会見」から約2ヶ月ほど経過しているが、野々村元議員の「悪事」については新事実が続々と判明している。

クレジットカードカードの明細書を悪用?

今回発覚したのはクレジットカード明細書の悪用だ。野々村氏が提出した明細書には、13年4月11日に近所のスーパーで、17万7280円の買い物をカードで支払ったと記録されていたが、この金額が高過ぎるとして、疑惑の目が向けられていた。

読売新聞によると、この金額は13年度に野々村議員が国民年金保険料を前納した場合に発生する金額と合致するそうで、年金保険料をカードで支払ったうえ、明細書を切り貼りし、あたかもスーパーで買い物したように見せかけたのではないか、と言う疑惑が持たれている。

県警が任意で事情聴取していたことも発覚

事件発覚後、県議会やオンブズマン団体から虚偽公文書作成・同行使容疑で告発されている野々村氏だが、12日までに任意での事情聴取が開始された模様だ。

容疑を認めているとの報道がなされているが、出張については「行ったことは間違いない」と話していると報じているメディアもあり、情報が錯綜している。

警察は今後詐欺罪での立件も視野にいれており、カード明細書偽造も含めて、厳しく追及していく方針だ。

ネットユーザーから怒りの声

数々の「野々村動画」が広まっているネット界だが、彼の罪に対しては、怒りの声が殆どだ。また、他の地方議員についても不正がないか調査すべきとの声が多い。

野々村氏に厳罰は下るのだろうか。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking