見逃したテレビを合法的にネットで視聴出来る?民放連が検討

Text by

  • 1
shutterstock

shutterstock

インターネットの発達は、テレビ業界の取り巻く環境を劇的に変化させている。最近は、非合法ではあるものの、動画サイトに丸々テレビ番組がアップロードされていることも多く、オンタイムで見逃してしまった場合でも、視聴できる可能性がある。

また、「テレビを殆ど見ない」と言う人も、若者を中心に増えているようだ。テレビ局側としては、このままでは「テレビ離れ」が深刻化するだけに、何らかの対策が求められていた。

民放連会長がネットによる「見逃し視聴」の導入を検討

18日、民放連の井上会長が定例記者会見で、オンタイムでの放送後、番組を見逃してしまった人のために無料でインターネット配信を行う「見逃し視聴」の導入を検討することを明らかにした。

同会長は既に在京5局と話し合いを持ち、見逃し視聴を導入することで大筋合意していることを明かし、来年度中に試験配信を行いたいと話した。

どのような放送スタイルになるかは不明だが、CM入りの無料放送となる模様で、テレビ局の新しい形を模索するとともに、現在イタチごっこ状態の違法アップロード動画の対策にもなると話している。

ちなみに、CMは「絶対に飛ばせないようにする」とのことである。

ネットユーザーからは様々な声

見逃したテレビ番組を合法的にネットで見ることの出来るシステムの構築は歓迎の声が多いようだ。ただし、どういう形式になるのかについて、まだ明らかになっていないだけに慎重な意見もある。

視聴範囲や配信期間など、不明な点が多くまだ「大歓迎」とまではいかないようだ。また、「また見たいと思えるようなテレビ番組」の放送が大前提で、どうでもいい番組を再度ネットで流しても、需要は全くないと言わざるを得ない。

今後どのような形で「見逃し視聴」が導入されるのか、注目だ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking