どうなる?早稲田大が小保方氏の「コピペ疑惑」について7日に会見

Text by

  • 0
shutterstock

shutterstock

早稲田大学は6日、2011年に小保方晴子氏が早稲田大学大学院での博士論文が、アメリカのサイトに公開されている文章と酷似している問題、いわゆる「コピペ」疑惑について、記者会見を行うと発表した。

今年7月に「学位取り消しを定めた学位規則に該当しない」と判断

「論文コピペ疑惑」について、張本人である小保方晴子氏は、「完成版ではなく下書きが出回っている」などと主張している。早稲田大学調査委員会もこの主張を認め、不正行為ではあるものの、「学位の取り消しを定めた学位規則には該当しない」とする報告書を、今年7月に発表した。

但し、鎌田薫早大総長は「報告書を吟味した上で最終的な判断は我々が下す」として、今後の対応を検討していた。

厳しい処分も予想される

7日に開かれる記者会見では、小保方氏のコピペ論文に対する対応が発表されるものと見られている。ネットユーザーからは厳しい処分を望む声や、慎重な対応を望む声が挙がっている。

一体どのような処分になるのだろうか。現状STAP細胞の再現も出来ておらず、状況はかなり厳しい。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking