高須院長が競走馬の名称登録を拒否されJRAに激怒!

Text by

  • 0
高須克弥/Twitter

高須克弥/Twitter

「高須クリニック」院長の高須克弥氏が、JRA(日本中央競馬会)に対し、Twitterで激怒している。

自信の所有馬を名称を拒否される

怒りの原因は、競走馬の名称だ。自身が所有する馬に「イエスタカス」と名づけようと申請したのだが、拒否されたのだ。この件について、以下のようにツイートしている。

このツイートに対し、ネットユーザーから以下の様な指摘があった。

高須克弥氏は、この指摘については「イエス・カッチャン」に変更する用意があったが、「直前になって理由も告げずに拒否された」として、馬主会を辞める事を宣言している。さらに、3つの候補を出したことも明かしている。

ネットユーザーの反応は?

堀江貴文氏所有の競走馬「ホリエモン」やドクターコパ氏所有の「コパノリチャード」など、名前が入った競走馬も存在している。

それだけに、納得がいかない理由も理解出来るが、「CMで使われているフレーズ」が入っていることから、宣伝目的と判断され、拒否されたと思われる。ちなみに拒否理由についての説明は現在のところないそうだ。

ネットユーザーからは「さすがにイエスタカスはムリだろう」と考える意見が多かった。

当該競走馬は、来月デビューの予定だそうだ。今後どのような名前になるのかは不明だが、馬に罪はないので、頑張ってもらいたい。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking