ファンの声届かず!楽天デーブ大久保監督就任に賛否両論

Text by

  • 0
東北楽天ゴールデンイーグルス

東北楽天ゴールデンイーグルス

東北楽天ゴールデンイーグルスは14日、退任を表明した星野仙一氏の後任として、大久保博元(デーブ大久保)2軍監督を昇格させると発表した。

就任反対キャンペーンが開始されていた

大久保博元氏の監督就任は星野仙一氏の退任表明後から一部スポーツ紙で噂となっていた。しかし、ファンからの拒否反応が強く、「デーブが監督になるならファンを辞める」と言う声がTwitterやブログで多く挙がり、「白紙になった」との報道もあった。

オンライン署名サービス「Change.org」には、12日から「大久保博元氏の一軍監督就任反対キャンペーン」が立ち上げられ、14日19時30分現在で約6700人の署名が集まっている。

このように、同氏の監督就任については、強い拒否反応があり、就任決定後も、この流れが続いている。「ファンを辞める」と言う声も多い。

なぜここまで拒否されているのか?

「史上最も就任を喜ばれていない監督」と言っていい大久保氏だが、なぜそこまで嫌われているのだろうか。同氏は解説者時代に「近鉄バファローズはファンが集まらないギリギリの球団」と発言し、OB会長の関根潤三氏を初め、ファンと関係者を激怒させるなど度々失言していた。

さらに、西武ライオンズ時代には愛人への暴力問題でヘッドコーチからフロントに回され、2軍コーチ時代には選手への暴力事件も発覚。球団を解雇され、裁判に発展していた。

更に楽天の打撃コーチ時代には、「打撃投手へのパワハラ」が一部スポーツ紙で報じられたほか、無理なノックにより、選手が倒れ、球団から厳重注意を受けている。

一方でその指導力を高く評価する声もある。

ネットユーザーから嘆きの声

このようなことから、「監督として適切ではない」とする声が挙がり、多くの署名が集まったが、その声は届かず、今回の就任発表となった。ネットユーザーからは嘆きの声が挙がっている。ただし、期待の声や、「監督が誰でも応援する」との声もあった。

「デーブ大久保監督」は楽天にプラスになるのだろうか。ちなみに、GM職に就くとされていた星野氏は退団が噂されており、コーチの退団も決定している。

悲願の優勝から1年後にこんなことが待っているとは、誰もが思わなかっただろう。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking