やはり可愛い!0系新幹線がトラックで大阪の街を走る

Text by

  • 1
DRAGONBALLXYZ/wikimedia commons

DRAGONBALLXYZ/wikimedia commons

東海道新幹線と言えば、今や「のぞみ」の時代である。車両も徐々に新しくなっており、現在は「N700系」などが主力として東京から新大阪を走り抜けている。

人々に愛された0系新幹線

御存知の通り、東海道新幹線は今年で開業から50年を迎えた。開業当初に走っていた車両と言えば、愛くるしい顔の「0系新幹線」だ。

丸いライトがクリクリの目に、中央の円が大きな鼻に見えることから、「デカ鼻新幹線」の愛称を付けられ、長らく人々に愛され続けた。

0系新幹線が大阪を後に

その0系新幹線は、現在その役目を終え、「文化財」として保存されている。大阪弁天町の交通科学博物館には、昭和39年の開業当初に活躍していた車両が、展示されていた。

交通科学博物館は4月を以って閉館となり、0系新幹線は平成28年開業予定の「京都鉄道博物館」に移動されることが決定した。

7日、整備施すため約10キロ離れた西淀川車両整備工場へと0系新幹線が移送された。いつまでも愛くるしい0系が、トラックの荷台へと載せられ、弁天町を後にしたのだ。

その姿を一目見ようと、沿道には深夜にもかかわらず沢山の鉄道ファンが集まった。動画を撮影していたネットユーザーも居た。ちなみに、日程は公開されていなかったそうだ。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=mng_kVBTK6g[/youtube]
hidemura_2009

ネットユーザーからも様々な反応

可愛くもシュールな光景に、ネットユーザーからも様々な反応があった。また、久しぶりにの姿に懐かしむ声も出た。

京都へ移送されるのは、来年夏頃を予定しているそうだ。鉄道ファンならずとも、その光景を目にしてみたいものである。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking