ジャパネット高田社長が全役職からの退任を発表!惜しむ声が続々

Text by

  • 3
ジャパネットホールディングス

ジャパネットホールディングス

通販大手「ジャパネットたかた」の高田明社長が社長や取締役など、全ての役職から退く意向を明らかにしたと報じられ、話題となっている。

社長からの退任を発表していた

同氏は7月に社長からの退任と、同職を副社長で長男の高田旭人氏に譲る意向を示していた。しかし、何らかの形で社に残ると見られており、「全役職からの退任」は予想されていなかった。

通販番組の出演については、「最低1年間は出演する」意向を明らかにしており、当面はあの高い声を聞くことが出来る。同氏のトークによって購買意欲を掻き立てられると言う声は多く、会社としてテレビ出演退任は損失と考えているのだろう。

また、講演依頼なども多いようで、そちらの活動に重きを置くようだ。

ネットユーザーから様々な声

「ジャパネットたかた」を1代で大企業へと成長させた高田明氏が全役職から退任すると発表したことに、ネットユーザーからは

  • 潔い!
  • あの営業トークだから買うんであって、将来的にテレビから消えたらかなり痛手じゃない?
  • タレント活動したら面白そう!
  • 後継者に任せられると判断したんだろうね
  • なかなか出来る事ではない
  • 残念だけれど歳を考えれば仕方がない

など、驚きと賞賛の声が挙がっている。前述の通り当面は番組に継続出演となるため、画面から消えることはない。今後あのトーク力を継承することの出来る人材の育成が高田氏の最後にして最大の仕事となりそうだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking