大丈夫?加藤茶の脳動脈解離発覚に心配の声

Text by

  • 0
加藤茶オフィシャルブログ

加藤茶オフィシャルブログ

タレントの加藤茶が、TBSのバラエティ番組「駆け込みドクター!運命を変える健康診断SP」で健康診断を受けた結果、脳動脈解離の可能性を指摘されたことが19日、分かった。

ファンから心配の声が挙がっていた

加藤茶は2005年に大動脈解離を患い、生死の境を彷徨ったうえ、奇跡的に生還したのは皆さんご存知のとおりだ。その後、2011年に68歳で45歳年下の夫人と結婚し、現在に至る。

かつてはキレのあるトークでお茶の間を笑いの渦に巻き込んでいた同氏だが、最近はテレビ番組に出演するたびに「やつれた」、「呂律が回っていない」、「顔に覇気がない」など、心配の声が挙がっていた。

今年4月に出演したNHK「鶴瓶の家族に乾杯」では不調ぶりが顕著で、共演の笑福亭鶴瓶から「大丈夫ですか本当に」、「反応が遅いですよ」と冗談とも本気とも取れるツッコミを受けていた。

一部には「夫人の作る料理が栄養を考えていないためではないか」、「夫人に振り回されているのではないか」との説も浮上しているが、当人がそれを一蹴している。

医師から脳動脈解離を指摘される

 「駆け込みドクター!運命を変える健康診断SP」は、出演者が健康診断を受け、その不健康ぶりを検証する番組のようで、加藤茶は人間ドックを受診した。

その結果、医師から脳動脈解離の可能性を指摘された。この病気は脳動脈の壁が破け、血液が血管の内側に流れ込んでこぶ状になってしまうものである。

このこぶが破裂すると、脳梗塞やクモ膜下出血などの重篤な病気に至る可能性がある。早期の治療が必要とされる。

ネットユーザーから心配の声

調子の悪さが指摘されていた加藤だけに、ネットユーザーからは

  • 調子悪そうだったから驚かない
  • わかっていたけどショック
  • 若い嫁に走った罰でしょう
  • すぐに死に至る病気ではないから早く治療して欲しい
  • 嫁の料理のせいでは?
  • 元々体調不良ぎみなのに健康診断を受けさせて番組で公開するのは許せない
  • こういう番組って何が面白いの?

など、心配と批判の声が挙がっている。 ネット上では様々な憶測が飛んでいるが、今回の病気発覚を期に仕事をセーブして治療に努めて欲しいところだ。

「駆け込みドクター!運命を変える健康診断SP」は21日に放送予定となっている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking