「バイキング」はリニューアルで存続!坂上忍が全曜日MCを担当へ

Text by

  • 1
フジテレビ

フジテレビ

視聴率が低迷し、4月の打ち切りが囁かれていたフジテレビの「バイキング」がリニューアルして存続することが23日、明らかになった。

視聴率が苦戦

これまでの「バイキング」は曜日毎にMCが変わるシステムを採用しており、「親しみを持ちづらい」、「MCによって内容にバラつきがある」などの指摘があった。

数字の方も視聴率が1パーセントを記録するなど低調が続き、かつて不毛の枠とされたTBS「ひるおび」や日本テレビの「ヒルナンデス」にも大きく水を開けられていた。

坂上忍を全曜日MCに起用

打開策としてフジテレビは各週MCの中で人気が高いと言われる坂上忍を月曜から金曜まで出演させることを決断。なお現行MC陣の処遇については判っていない。

御存知の通り、「バイキング」はタモリが32年守り続けた「笑っていいとも」の後番組である。「いいとも」末期には、中居正広や上田晋也、浜田雅功らが「後枠MCを狙っている」と噂されたが、後継者に指名されたのは坂上忍となった。

2年前には考えられない人選と言えるだろう。

ネットユーザーからは厳しい声も

今回のリニューアルについて、ネットユーザーからは厳しい声が挙がっている。

一時は打ち切りが有力とされていた「バイキング」だが、現社長が「笑っていいとも」を終了させ、肝いりでスタートさせた番組だけに、リニューアルした上でもう暫く様子を見ることにしたようだ。

しかし、坂上忍が全曜日出演するからと言って視聴率がV字回復するとは考えにくく、文字通り「耐え忍ぶ」日々が続きそうだ。

坂を上る事が出来るのか、それとも下ってしまうのか。4月以降のバイキングが程々に注目されている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking