長州小力が東京マラソンを寸前で欠場!メディカルチェックに引っかかる

Text by

  • 1
長州小力オフィシャルブログ

長州小力オフィシャルブログ

タレントの長州小力が自身のブログで参加を表明していた東京マラソンに欠場したことを発表し、謝罪した。

メディカルチェックに引っかかる

長州小力は1月26日のブログで東京マラソンへの参加を表明。本番に向け練習を重ねていたが、大会前のメディカルチェックに引っかかり、走れなくなったと言う。

御存知の通り、2009年の東京マラソンではテレビ番組の企画で大会に参加したタレントの松村邦洋が走行中に急性心筋梗塞に陥り、一時心肺停止状態になる事故が発生している。

幸い、スタッフの迅速な処置で順調に回復したものの、東京都ではこの事態を重く見ており、参加者にメディカルチェックを受けるよう勧めていた。

ちなみに、具体的に何が原因となったのかについては明かしていない。

ブログで謝罪

理由こそ明かさなかった小力だが、さすがに今回は気持ちがキレてしまったものと思われる。ドクターストップがかかってしまったための欠場で、本人の責任ではないと思われるが、

「自分は東京出身で何とかこの東京マラソンというお祭りを、皆さんと一緒に走り盛り上げられたらと思い、完走目指し練習してまいりましたがこのような結果になり、申し訳ありません」

と謝罪した。

ネットユーザーからは様々な意見

ネットユーザーからは

  •  事故が起きる前にストップしてよかったと思う
  • テレビで糖尿病とか言われてたから、それが原因かな?
  • あの体では仕方がない
  • 回りが事前に気づいてあげて欲しかった
  • まずは体重を落としてからにすべきだった

などの意見が挙がっている。

東京マラソンから「またぐなよ?」と言われてしまった小力の心中は複雑なものがあるのではないかと思われる。出来れば来年メディカルを万全にしたうえで上で再挑戦して欲しいものである。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking