籾井会長がハイヤー代金をNHKに請求との報道に驚きの声!ネット受信料にも影響か

Text by

  • 1
123RF

123RF

15日、一部メディアがNHK籾井会長がゴルフ帰りに使用したハイヤー代を自分で支払わず会社に請求を回していたと報じ、批判が集中している。

内部通報で発覚

これはNHK内部から通報があったもので、同会長が1月2日にゴルフコースに出かけた際に利用したハイヤー代を支払わず、会社に請求が回るよう手はずを取っていたと言う。

通報を受け、経営委員で構成される監査委員会が調査を開始。現在当人から事情聴取などを行ない、事態を検証している。会長は既に代金を負担したようだが、通報があったために返金したのか、有無に関わらず迅速に返したのかについては、わかっていない。

受信料徴収方法見直し議論に影響か

御存知の通り、籾井会長はNHKの番組をインターネットで無料配信する代わりに、PCやスマートフォンユーザーから受信料を徴収することに意欲を燃やしているほか、義務化についても歓迎する発言をしている。

この件が報じられる度にネットユーザーから「おかしい」、「理不尽すぎる」と批判の声が挙がっており、理解が得られていないのが現状た。

ただでさえ批判が多いにもかかわらず、徴収した受信料を私的利用のハイヤー代に回したことが事実であれば国民の怒りを買うことは必至で、受信料徴収方法見直し議論に影響を与える可能性が高い。

ネットユーザーから怒りや驚きの声

ネットユーザーからは怒りや驚きの声が相次いでいる。

報道が事実だとすれば公私混同との批判は避けられず、進退問題にも影響しかねない事案となる可能性も否定出来ない。今後監査委員会から発表されるであろう調査結果の発表に注目が集まっている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking