動物愛護センターの「犬の殺処分ゼロ」が増加!今後は収容数の減少が課題

2015年04月18日 20時57分

2015年04月18日 20時57分

123RF
123RF

「殺処分ゼロ」を達成した動物愛護センターが増加し、話題となっている。

神奈川、熊本、札幌がゼロを達成

神奈川県動物愛護センターは、2年連続で犬の殺処分ゼロとなった。さらに猫についても殺処分を全て回避することが出来たため、「犬猫ゼロ」を達成した。

また、熊本県の動物愛護センターも犬の殺処分ゼロを達成。さらに札幌市の同施設も犬の殺処分件数がゼロとなった。こちらは、1972年の統計開始以降初となる。猫についても過去最小に留める事が出来たそうだ。

収容ゼロが今後の課題

いずれの施設も、法改正により飼い主や業者からの安易な引き取りを拒否することが出来るようになったことや、動物愛護団体と協力体制を構築し、里親探しを迅速に進める事が出来るようになったことが、殺処分ゼロに繋がった。

しかし、一部からは引き取りを拒否されたペットたちはどうなったのか、結局殺されたり、野に放たれているのではないかと言う懸念も挙がっており、額面通りに取るのは如何なものかとの指摘もある。

また、あくまでも殺処分がゼロになっただけであり、収容はまだまだ多いことから、根本的な問題解決にはなっていないとの声も根強い。だが、この取り組みと結果が解決の第一歩である事は間違いない。

殺処分がゼロとなった動物愛護センターもそれは課題として認識しており、今後「収容ゼロ」、「センター自体が必要なくなること」を目指していくと言う。もちろん、殺処分が発生してしまったセンターも同様だ。

ネットユーザーからも様々な意見

ネットユーザーからも喜ぶ声を筆頭に様々な意見が挙がっている。

様々な課題はあるものの、殺処分ゼロの動物愛護センターが増加することは喜ばしい。このようなセンターが増えることを望みたい。

しかし、センターだけの努力では限界がある。やはり飼い主がペットに対して最後まで責任を持つことが重要だ。

注目の記事