アレックス・ラミレス氏が年下女性と再婚!不倫を指摘する声も

Text by

  • 0

ヤクルトスワローズを皮切りに読売ジャイアンツ、横浜Denaベイスターズと渡り歩き活躍したアレックス・ラミレス氏が再婚したことが判明した。

14歳歳上の夫人と離婚していた

ラミレス氏の前妻は14歳歳上で、野球選手としての活躍をサポートする姉さん女房として名の知れた存在だった。テレビなどで度々そのエピソードが紹介され、理想の歳の差夫婦として考えていたファンも多かったと聞く。

しかし、2014年の11月に前妻が突如Facebookで離婚を発表。その中で「ラミレスが5月に家を飛び出し、それ以来会っていない」、「結婚生活がひっくり返り心が粉々に砕け散った出来事が発覚した」などと、ただならぬ事態が発生したことを匂わせていた。

ラミレス氏の不倫?

一部報道によると、ラミレス氏は今年3月に前妻との離婚が成立。その際、今回再婚した33歳の日本人女性が精神面をサポートしていたそうで、4月23日に入籍したと言う。

いつ恋愛関係になったのかは不明だが、前妻の「結婚生活がひっくり返り心が粉々に砕け散った出来事」はこの女性との不倫が発覚したからなのではないか、との指摘がある。

あのペタジーニも不倫発覚で離婚

野球界の歳の差カップルと言えば、かつてラミレスとも一緒にプレーした元ヤクルトスワローズのロベルト・ペタジーニ氏が思い出される。

ペタジーニ氏の夫人は25歳歳上で、友達のお母さんだった夫人に惚れ込み結婚してしまうと言う驚愕のエピソードが話題となったほか、契約更改などに度々夫人同伴で現れ、これ見よがしに仲睦まじさをアピールしていた。また、キャンプ中でも2人で生活できるよう球団に要求していたことが明らかになっている。

しかし2013年にペタジーニ氏が21歳女子大生と不倫していたことが発覚し、離婚。その際には「やはり年下が好きだったのか」と怒りの声が一部から挙がっていた。

今回の件とは関係ないが、ペタジーニのことを思い出したネットユーザーも多いようだ。

ネットユーザーからも賛否両論

ネットユーザーからは結婚を祝福する声と不倫と思われる行動に否定的な意見が挙がっている。

ラミレス氏は現在BCリーグ群馬ダイヤモンドペガサスのシニアディレクター職に就きながら、将来的に日本プロ野球界の監督・コーチを目指しているそうだ。

行動の賛否はともかく、選手時代を支えた夫人と離婚し、新たな伴侶を得て新しいステージに入るようだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking