ベビーカーを殴った64歳の男が逮捕される!呆れた犯行理由に怒りの声

Text by

  • 1
123RF

123RF

28日、ベビーカーに乗った1歳の男児を殴りつけたとして64歳の無職の男が逮捕された。

男がすれ違いざまに男児を暴行 

事件があったのは26日午後1時過ぎで、東京メトロ有楽町線有楽町駅構内で、母親が引くベビーカーに乗っていた1歳の男児が突然すれ違いざまに男に殴られた。

母親が悲鳴を上げたため、数メートル先にいた父親が異変に気が付き、逃走した男を追いかけ取り押さえ、通行人が通報。警察に身柄を引き渡した。

現在は削除されているが、父親は一部始終をTwitterでツイートしており、多数RTされ、驚きと怒りの声が挙がっていた。

「ベビーカーが邪魔だった」と供述 

逮捕されたのは64歳の無職の男で、警察が防犯カメラなどを確認した結果、ベビーカーに乗る男児を殴っていたことが証明された。男は警察の取り調べに対し、「ベビーカーが邪魔だったので殴った」と供述している。

国土交通省は「ベビーカーマーク」を制定し、バリアフリー化などベビーカーで移動しやすい環境の構築を目指しているが、周りの大人がベビーカーを引く母親に配慮する、母親が周りの大人に配慮すると言う譲り合いの精神が欠如してしまうと、トラブルに繋がってしまう。  

公共交通機関におけるベビーカーについては邪魔と感じる場面も多々あるが、だからと言って男児を殴る行為は異常で、全く許されるべきものではない。社会人として恥ずべき行為だ。

ネットユーザーからも怒りの声

ネットユーザーからも怒りの声が挙がっている。

男は容疑を認めており、既に釈放されている。邪魔と感じたのならば一言注意すれば良い話で、暴力を振るう必要はない。また、弱い子供を狙ったことも許されない。猛省を促したい。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking