シェア

全長約60㎝総重量約3.5㎏!「王様とストロベリー」の超ド級キングパフェを食べてきた

IMG_1514

買い物の便利さ・子育て環境・都心までのアクセスなど、住みやすさの三拍子が揃い、今、30代を中心に多くの人が移り住む街「武蔵小山」。

人気のアーケード商店街は約250店舗が軒を連ね、毎日多くの人で賑わっています。

そんな人気の商店街の中に、ジャンボパフェの発祥のお店としてテレビや雑誌にも多く取り上げられ、地元では知らない人はいない程の有名なケーキ喫茶「王様とストロベリー」があります。

昭和60年からジャンボパフェを始め、ジャンボパフェのさらに上をいく、キングパフェもあるそうです。

今回は、ジャンボパフェのさらに上をいく、キングパフェの完食を目指すべく潜入してきました。

「王様とストロベリー」は武蔵小山駅から徒歩約5分の場所にあります。

古き良き洋菓子屋さん!

お店の外観は、オシャレとは言えませんが、手書きのボードがあったりと、昔懐かしさを感じます。

IMG_1522

手作り感がとても可愛らしく、昔の洋菓子屋さんを思い出しますね。

IMG_1520

ジャンボパフェの看板がひと際目立ちます。

お店に来店する方の半数以上は注文する人気のメニューとなっています。

落ち着くレトロな店内!

店内は昭和へタイムスリップしたかのようなレトロ感満載です。

IMG_1518

縦長の店内は奥にも席があり、席数は割と多め。

IMG_1519

昔の喫茶店!という言葉がしっくりきますね。

落ち着いた空間で、ゆっくりとした時間を過ごせそうです。

IMG_1504

壁には有名人のサイン色紙がびっしりと飾られています。

IMG_1505

沢山の人を惹きつける力がお店にはあるのだと感じることができます。

パフェのフレーバーが豊富!

人気のパフェは6種類のフレーバーから選ぶことができます。

IMG_1517

メニューを見ただけで、ドキドキワクワクが止まりません!

早速お目当ての、キングパフェを頼んでみました。

IMG_1516

注文後、まず出てきたのが、巨大なスプーン!

上の2つのスプーンはジャンボパフェ用なので、この巨大なスプーンを見ただけで、とんでもない大きさのパフェが出てくることを感じることができます。

超超超ド級のキングパフェ降臨!

▼(左)ジャンボパフェ※600円+イチゴ210円(右)キングパフェ※2800円+イチゴ420円

どちらもフレーバーはストロベリーをチョイス!

IMG_1512

ドドーンと目の前に現れたジャンボパフェとキングパフェ!

ジャンボパフェでも大きいのに、並べると小さく見えてしまう程のキングパフェの破壊力!

IMG_1510

フレーバーは、ストロベリー・チョコレート・レモン・キウイ・ラズベリー・ブルーベリーから選ぶことができます。

トッピングは、生クリーム・イチゴ・バナナなど追加料金で付けることができます。

とにかくアイスの量がハンパないです!上から下まですべてがアイス!

フレークを間に挟み、あとは全てがソフトクリーム!

IMG_1509

イチゴをトッピングしたことで、ソフトクリームの甘さとイチゴの酸味でどんどん食べ進めます。

この溶け具合も食欲を掻き立てますね。

IMG_1508

ストロベリーソースもソフトクリームと相まって非常に食べやすいです。

器が少し凍っているので、持って食べるのは困難ですね。

IMG_1507

総重量約3.5㎏、1人で食べ切れる量ではないです。

食べても食べても減った気がしないのは、挑戦された方は必ず感じることだと思います。

IMG_1511

ちなみに全体の高さは約50㎝!先端が溶けているので、溶けていない状態ならば60㎝程あります!

IMG_1506

1番下の部分から器までの高さは約30㎝!どれだけボリュームがあるか分かると思います。

スイーツ好きな方が3~4人がかりでも食べきれるか分かりません…

IMG_1521

今回、2人で挑戦しましたが、食べきることはできませんでした。

ソフトクリームは食べ進めていくと、かなりお腹にたまります。

挑戦したい方は、お腹の調子を整えてから、数人で訪れることをオススメします。

全長約60㎝、総重量約3.5㎏というキングパフェを食べに武蔵小山にある「王様とストロベリー」に行かれてみてはいかがでしょうか?

「王様とストロベリー」
住所:東京都品川区小山3-24-3
営業時間:9:00~22:00
電話番号:03-3738-0443
定休日:無休
公式サイト:王様とストロベリー
IMG_1515

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking