やっぱりケータイが睡眠と集中力を阻害!? 無線LANルーターの近くでは植物が育たないことが実証される

Text by

  • 1
Shutterstock

Shutterstock

ケータイでSNSやメールをチェックしたり、ゲームをしながら寝る。常にケータイを触っている。そんな生活をしている人はいませんか?

何となく寝つきが悪かったり、仕事や勉強に集中できないのは、いつもケータイをそばに置いているからかもしれません

そんな話を裏付けるように、この度、デンマークの女子学生が無線 LAN ルーターの近くでは植物が育たないことを実証したのだそうですよ。

実験を行ったのはデンマーク学校に通う9年生の学生たち。彼女たちの実体験として、枕元にモバイルフォンを置いて寝たときに、なんだか寝つきが悪かったり、勉強に集中できないことがあり、モバイルフォンが人体に与える影響を検証したいと思ったのだそう。

この実験は、コショウソウの野菜の種を12個のトレイに用意し、6個を無線LANルーターの無い部屋に、残りの6個を無線LANルーターが2つ置かれた部屋に置き、その発芽状況を観察するというもの。

ちなみに、モバイルフォンではなく無線 LAN ルーターを設置したのは、ルーターとモバイルフォンは同種の電磁波を出しているから、と説明しています。

12日間経過した後、無線 LAN ルーターの無い部屋のコショウソウは通常通りの成長をしましたが、無線 LAN ルーターのそばに置かれた種子の多くは成長しませんでした。それだけでなく、中には突然変異を起こしたり、枯れてしまったものあったのだそう。

DR


無線 LAN ルーターの無い部屋に置かれたコショウソウ

DR

 無線 LAN ルーターのある部屋に置かれたコショウソウ

 以前から「電磁波は体に影響を及ぼす」ということは話題になることがありましたが、そのことが実証される1つの研究結果となりました。

多くの研究者もこの結果に注目しており、さらにこの研究を続けたいと申し出ている研究者もいるのだとか。

もし、なんだか眠れないな、イライラするな、集中できないな、などと感じている方は、眠るときだけでもベッドサイドからケータイを遠ざけてみては、いかがでしょうか。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking