東京丸の内に”和のおもてなし”ターゲットは外国人来訪者 純和風の高級旅館「星のや 東京」2016年夏開業予定

Text by

  • 1
星野リゾート

星野リゾート

2013年3月15日(金)快進撃の続く星野リゾート(代表取締役社長 星野佳路)が、「星のや 東京」の開業に向け事業開始を発表した。和のラグジュアリーブランド「星のやとして、京都・軽井沢・沖縄の竹富島・富士(2015年開業予定)に続く施設となる。

三菱地所によって進められている「丸の内再構築プロジェクト」の一環で、国際水準の宿泊施設として「日本旅館」の運営を行う。外壁には”江戸小紋”、近づいて行くと”麻の葉模様”が見えてくる。建物全体のデザインは重箱をモチーフとすることで和を表現する。

玄関で靴を脱ぐと日本旅館のモダンなデザインが展開し、生け花を飾る全室畳敷きの部屋に通される。敷地内で掘削された温泉、移りゆく季節を感じる空間などの”和のおもてなし“は、国際的な競争力として大きな可能性を秘めている。 

宿泊料金は食事なしで1人1泊5万5千円〜。利用者の半数に外国人を見込む。2016年夏開業予定

星野リゾート


【計画概要】
所在地  :東京都千代田区大手町一丁目5番1他(地番)
建築概要 :地下3階、地上18階 最高高さ 約90m
新築工期 :2014年度~2016年度(予定)
客室数  :84室
延べ床面積:約12,000平米
構成要素 :日本料理レストラン・スパ・カンファレンスルーム・ショップなど
駐車台数 :30台

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=4nJ1M6HntrA[/youtube]

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking