盗難を防ぐ傘“Lizard Umbrella”「取っ手を外す」発想の転換になるほど!

Text by

  • 6
Behance

Behance

傘が手放せない秋雨の季節。傘の置き引きは勘弁して欲しい。「傘立てに入れず傘を持ち歩く」以外に盗難を防ぐ良い方法はないか?韓国・弘益大学校Seokhui KimのデザインコンセプトLizard Umbrella”が、ひとつの対策を示してくれた。

カラビナ状の取っ手の横にはボタンがあり、押せば傘から取っ手を外すことができる。外した取っ手をバッグなどに引っ掛ければ、持ち運びが楽で無くす心配もない。名称のLizard(トカゲ)は、取っ手の外れる様をトカゲのしっぽ切りに例えているのかもしれない。

斬新なのは、取っ手の無い傘で壊れた傘と思わせ「盗む気持ちを失わせる」アプローチ。傘に鍵を掛けるなど直接的な対策ではなく、人間心理に着目した発想の転換は多くの場面で参考になるだろう。なお、本コンセプトは2012年RED DOT Concept Design Awardを受賞している。

韓国で生まれた本アイデア。傘の盗難に悩んでいるのは日本だけではないのだろう。Lizard Umbrellaのお世話にならなくても良い社会は訪れないのだろうか。

Behance

▼柄の先端にはエンボス加工でパターンが刻まれ、特定の取っ手しか差し込めない

Behance

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking