愛猫と過ごす時間が大切に思える定規“ネコメモリ” ただいまパトロン募集中!

Text by

  • 0
NM

「ペットを深く知る“きっかけ”となるモノを生み出したい」その思いをデザイン事務所Caro inc.が、ネコとの時間が大切に思える定規“NekoMemori(ネコメモリ)”として具現化した。

単なる定規と思うなかれ、ネコを知る“きっかけ”になる定規なのだ。“ヒトの年齢”と“ネコの年齢”との関係が一目瞭然になっており、自分よりも早い時間の流れに生きる愛猫を感じ、共に過ごす楽しい時間が大切に思える。よって名称はネコ目盛であり、ネコ記憶(メモリ)なのだろう。

同事務所は「ヒトが日常的に使っているモノに、さりげなくペットの知識を入れることで、共に暮らす、ペットと人間との関係は、さらに深まるかもしれません」と語る。特に、定規に触れる機会の多い子供には、情操教育の一環として持たせてあげたい文房具である。

2013年9月19日(木)現在、“ネコメモリ”はクラウドファンディングCAMPFIREにてパトロンを募集している。現在の支援総額は20万円弱、パトロンは56人、2013年10月11日(金)までの残り22日で、43万円の目標金額を目指す(支援は500円から可能)。

ところで、愛犬家には犬用の定規が欲しいところ。実は、イヌとの時間が大切に思える定規“InuMemori(イヌメモリ)”として、すでに販売されている(税込価格882円)。ネコメモリは、当コンセプトの第2弾製品として2013年9月に発売を予定している(予定価格945円)。

なお、同事務所がクラウドファンディングを利用した理由は以下の3点。

  • 前回(InuMemori)より規模を広げたい
  • 販売価格を900円前後で設定するにあたり、ある程度まとまった数を量産する必要がある
  • 資金は、共感していただける皆様から集めたい

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=6kVy893-dls[/youtube]

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking