ジャイロスコープで体を鍛えるデザインコンセプト“Power Dumbbell” 複数のダンベルはもう必要ない!

Text by

  • 15
YANKO DESIGN

YANKO DESIGN

以前の記事にて“電磁石を用いたダンベル”を紹介したが、今回はジャイロスコープを用いたダンベル“Power Dumbbell”を取り上げる。

デザイナーJun Young Chooのアイデアは、ジャイロ効果を利用してダンベルの負荷を変化させること。利用者の設定した重量に合わせ、内蔵されたバッテリーによりジャイロスコープを回転させる。これなら複数のダンベルは必要なく、スマートな筋トレが実現できそうだ。

ダンベル側面のディスプレイには、設定した重量と共に消費カロリーが表示される。筆者は少年時代、手首や前腕を鍛えるパワーボール(ジャイロスコープが内蔵されたボール)を使用していたが、得られる負荷は高かった。本コンセプトの効果も高いのではないかと考える。

YANKO DESIGN

YANKO DESIGN

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking