直感的な操作を実現! 自動的にバランスを取る一輪電動スケートボード“Onewheel”

Text by

  • 0
Onewheel

Onewheel

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』のホバーボードように、浮遊飛行感が楽しめそうなスケートボードが発表された。アメリカ・カリフォルニア州に住むKyle Doerksenの発明Onewheel”である。

特徴は自動平衡慣性センサーと独自アルゴリズムにより、自動的にバランスを取る。進行方向への体重移動で前に進み、反対方向で減速する仕組みで、直感的な操作を実現している。最高速度は時速20km、最大傾斜角30度とアクティブなプレイも楽しめそうだ。

車輪に内蔵された500Wハブモーターで駆動し、急速充放電が可能なLiFePO4バッテリーにより急速20分・標準2時間でフル充電される。航続距離は6~9km、重量11kgとなっている。

Kickstarter/Onewheel

“Onewheel”は2014年9月の出荷を目指し、クラウドファンディングにて以下のとおり支援者を募集している。目標金額の達成目前、セグウェイ同様に日本の公道では利用が認められないだろうが、未知の乗り心地を体験してみたいスケボーだ。

  • クラウドファンディング:Kickstarter
  • 募集期間:2014年1月6日(月)〜同年1月27日(月)※残り16日
  • 目標金額:100,000ドル(約1,040万円)
  • 支援総額:93,670ドル(約975万円)※2014年1月11日(土)現在
  • 支援者数:182名 ※2014年1月11日(土)現在
[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=MrTu6YyjVuE[/youtube]

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking