顔を追跡してマシュマロ発射! 4人の大学生が生み出したマシュマロランチャー“Confectionery Cannon”

Text by

  • 0
Confectionery Cannon

Confectionery Cannon

4人の大学生Forrest Bourke, Saarth Mehrotra, Michael Searing, Elliott Wyseが、250ドル(約26,000円)の予算と3カ月の期間を与えられたプロジェクト。Confectionery Cannon”という装置が生み出された。アメリカ・マサチューセッツ州オーリン工科大学での話である。

特徴は、カメラによって人の顔を追跡、距離を計算し空気圧によりマシュマロを発射すること。水平方向200度、垂直方向60度に可動して、10秒以内に6つのマシュマロを発射できる。顔の追跡にはオープンソースのOpenCVが用いられ、プログラミング言語Pythonによって制御される。

以下の映像では口への発射精度はまだまだと思われるが、チームはすでに装置のアップグレードを計画しており探究心旺盛。楽しみながら研究する姿に、ものづくりの原点を見たようである。

Confectionery Cannon

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=PSbmdi25H2c[/youtube]

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking