触りたくない! 足で施錠する、公衆トイレ個室のドアノブ

Text by

  • 97
Behzad Rashidizadeh

Behzad Rashidizadeh

公衆トイレ個室のドアノブ。人々が用を足し触れるノブや鍵に、抵抗を感じる人は少なくない。

アメリカ・デトロイトのデザイナーBehzad Rashidizadeh氏のデザインコンセプト“Foot Latch”は足で施錠するドアノブである。未使用時ドアは開いており、個室内に設置された本パネルを足で押しながらドアを閉め、足を離すことでロックできる。使用後はパネルを押し下げ開錠し、足で引き戻してドアを開く。

ノブや鍵に直接触れない本コンセプトは、細菌やウイルスの拡散を低減する。トイレに限らず、自動化されていない公共の場にも流用できそうなアイデアである。

Behzad Rashidizadeh

Behzad Rashidizadeh

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking