【世界の美容整形事情】整形率トップは韓国!なんと若い女性の5人に1人が施術済み

Text by

  • 4
Shutterstock

Shutterstock

最近は日本から韓国への整形ツアーが企画されるほど、韓国がアジアの整形大国としての地位を確立していることは周知のとおりだが、その国民の整形率はなんと世界規模で見てもトップに君臨しているという。

国際美容外科学会(ISAPS)が発表したデータによれば、2011年には世界中の1500万人の人々が美容整形を施したという数字が明らかになった。全国民数に対する美容整形の施術率第1位は韓国で、なんと全国民の77人に1人は整形を行っているとか。 その他は、第2位ギリシャ、第3位イタリア、第4位アメリカとつづき、日本は第7位だそう。

さらに、韓国における19歳から49歳までの女性だけを見ると、整形施術率は20パーセントにも及ぶ。つまり、5人に1人は整形をしているという計算だ。韓国での整形ブームはもはや社会的にも受け入れられているようで、2012年のミス韓国に選ばれたKim Yu-Miさんまでもがミスコンを勝ち抜くために整形を行ったと告白している。

また、美容整形と言っても脂肪吸引からしわ取りまでさまざまな種類の施術があるが、世界中で行われている美容整形の人気手術TOP5は以下のとおり。

第1位 豊胸手術
第2位 脂肪吸引  
第3位 二重まぶた手術 
第4位 腹部のたるみ・脂肪除去 
第5位 鼻の形成手術

 TOP5以外にも、各国民性ゆえに人気のある手術もあるようで、露出度の高いブラジルでは、男性には胸を小さくする手術、女性にはお尻を大きくする手術や処女再生手術が人気だとか。また、整形大国の韓国では、目を大きくして欧米人のような顔になりたいという希望から二重まぶた手術が断トツの人気を誇っているという。

 ここまで美容整形が世界中で普及している状況を目の当たりにすると、容姿の美しさへの追及はもはやどの国民にも見られる国境を越えた共通概念だということを思い知らされる。 

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking