バレーボール男子日本代表が窃盗で逮捕、全日本バレー出場も辞退へ

Text by

  • 0
東レアローズ公式HP

東レアローズ公式HP

パチンコ店で置き引きをしたとして、警視庁大崎署がバレーボール男子日本代表の王金剛容疑者(30)を窃盗容疑で逮捕していたことが判明しました。

王容疑者は10日、東京都品川区東五反田のパチンコ店で、男性がパチンコ台付近に置き忘れた財布を盗んだ疑い。

その後、現金を抜き取り、「財布を拾った」と店員に届け出ていました。警察の調べに対し、容疑を認めている模様です。

所属チームは全日本バレーを辞退

東レは12日、所属選手が窃盗容疑で逮捕されたことを受け、東京体育館で開催中の天皇杯・皇后杯「全日本選手権大会」の出場を辞退すると発表しました。

同大会で7度の優勝を誇る東レは、11日の2回戦から登場しており、創造学園高等学校(長野)に勝利して準々決勝進出を決めていました。

日本代表として仁川アジア大会にも出場

王容疑者は中国遼寧省出身で高岡第一高校(富山)から東海大へ進み、2008年に東レへ加入。

2011年に日本国籍を取得し、2014年度にバレーボール男子日本代表入りしてから、今秋の仁川アジア大会にもセッターとして出場していました。

ネット上では波紋も

現役代表選手の逮捕を受けてネット上には、

  • せっかく代表メンバーにまでなって何やってんだか
  • ファンとして情けない…
  • 残念なニュースだな
  • 日本のスポーツ界って本当に不祥事が多い
  • 沢山の人を裏切る最低の行為

などのコメントが多数寄せられています。

来年にFIVBワールドカップ(前回2011年大会では10位)を控えている中で、この一報はバレーボールファンとしても、代表に期待をしている人としても残念ですね。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking