健全な精神は健全な身体に?健脚な人は震災ストレスにも強かった

Text by

  • 0
shutterstock

shutterstock

いつまた来るか分からない巨大地震。東日本大震災後、万一の備えをしている人は多いと思うが、大災害に見舞われた後に問題となる精神的ストレスにはどう備えればよいのだろうか?

東北大学大学院医工学研究科の門間陽樹教授、永富良一教授らが2014年5月2日に発表した研究内容によると、災害発生前の身体の状態や生活習慣が、災害発生後の精神的ストレスと関連することが世界で初めて明らかになったという。

キック力があるとストレスに強い

本研究は、仙台市の勤労者を対象に、東日本大震災発生以前に行っていた健康調査データを使って、震災後の精神的ストレスとの関連を評価した。

分析の結果、男性については、震災前に脚伸展パワーが強かった人は震災後のストレスが少なく、毎日飲酒していたり抑うつ傾向だったりした人は、ストレス度合いが高いことが分かった。

女性は、抑うつ傾向にあった人、高血圧の人がストレスの程度が高くなるという関連が見られた。

日々の生活習慣を見直そう

同研究結果から、正しい生活習慣、体力の維持、向上が、災害後の心的ストレスを防ぐ一次予防策となる可能性が示された。

日頃から適度な運動をして足腰を鍛え、お酒も適量に抑えて日常のストレスをうまく発散すること。当たり前のことではあるが、心身共に健康でいることが、万一の大災害への大きな備えとなりそうだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking