「どんな目にあっても、人間を信じ続ける」 ~ ぼろぼろの犬、救出から回復まで

Text by

  • 2
YouTube / Eldad Hagar

YouTube / Eldad Hagar

ゴミ捨て場から救出された、ある1匹の犬の映像がある。直視したくないようなゴミに囲まれて、そこに置かれている布団の上に丸まっている犬の救出映像だ。

動物好きでもそうでなくても、ぜひこちらの映像を見てほしい。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=1Xg2G_oINqc[/youtube]

かつて人に飼われていたのだろうか、リードを付けられるときにも大きな抵抗はみせない。車にも大人しく乗り込み、そして運転手をじっと見つめるその視線は、人間を信頼しきっている。ただし彼の体はところどころ毛が抜け落ち、頭には痛々しい傷跡があった。運び込まれた救急病院の医師でさえ、彼を治療するのに涙をこらえているほど。こんなにも人間を信頼している犬が、どうして孤独と不衛生、そしてひどいケガに苦しんでいるのか。考えるだけでも悲しいものだ。現在では手厚い治療と暖かいケアのおかげで、彼はどんどんと回復をしてゆく。

現在の彼は何をしているのか? 同じように救出されたものの、彼とは違ってあらゆる人を信用できずにいた子犬のそばで、保護するように寄り添っているという。そして共に新しい飼い主を待っているのだ。

この動画をネット上にアップしたのは、「Hope For Paws」という動物保護団体。ひとつでも多くの命を救うために寄付を受け付けている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking