アンチエイジングに効く15の食べ物

2014年02月17日 19時00分

2014年02月17日 19時00分

Shutterstock
Shutterstock

アンチエイジングは年齢を重ねるごとに気になるもの。海外サイトのLifehackが「アンチエイジングに効く食べ物15」を取り上げていたので、紹介しよう。日本人にはおなじみの食べ物がたくさん出てくるので、すぐにでも始められそうだ。

【ベリー】

抗酸化物質が豊富。さらには脂肪酸を有害な「過酸化脂質」に変えるフリーラジカルを制御する効果もある。

【ニンニク】

老化を遅くする効果がある。他にも風邪予防やイボなどにも効く万能の野菜だ。粉末状のニンニクを水に溶かすとダイエット効果もあるとか。

【食物繊維豊富な穀物】

オート麦や大麦などもアンチエイジングに効果あり。他にもダイエットや心臓機能の向上、血糖値の減少のためにも摂取するといい。

【葉物野菜】

ブロッコリーやケール、ほうれん草、キャベツなどは老化を止める力を持っている。食物繊維や栄養も豊富だ。

【赤ワイン】

赤ワインにはアンチエイジングの性質があり、さらにはコレステロールを下げる役割もある。長寿を呼ぶ飲み物だが、あくまでも飲み過ぎなければの話。

【ナッツ】

1日に一握りのナッツを食べるようにしよう。ナッツには脳の機能を高めるオメガ脂肪酸が豊富に含まれている。

【豆類】

日本人におなじみの豆類も、アンチエイジングの効果大。さらには食物繊維が豊富で、コレステロールを下げ、有益な細菌を育てる。

【アボカド】

お肌に直接塗って、乾燥や湿疹などの治療にも使われるアボカド。アンチエイジング食品として、何世紀も女性に食べられてきた。

【アブラナ科の野菜】

白菜、カブ、ブロッコリー、キャベツ、ケール、小松菜、大根などなど、アブラナ科の野菜はスーパーで手軽に手に入る。脂肪酸を有害な「過酸化脂質」に変えるフリーラジカルを制御してくれる。

【生姜】

アジア人にはおなじみのアンチエイジング食材。関節炎、吐き気や生理痛にも効果あり。

【緑茶】

日本人のアンチエイジング、長寿の秘訣。抗酸化作用やダイエット効果もある。

【鮭】

抗酸化作用の強い食材。

【緑黄色野菜】

ニンジンやサツマイモ、カボチャなどは栄養素も高く、抗酸化物質も豊富。

【トマト】

リコピンはアンチエイジングに効果がある成分。紫外線による影響を抑えてくれる。

【スイカ】

スイカにも強いアンチエイジング効果がある。

注目の記事