要注意!運動後のお酒が体に与える“悪”影響

Text by

  • 3
Shutterstock

Shutterstock

「運動をした後のビールは格別!」……そう言いながら、ジムの帰りや休日にスポーツを楽しんだ帰りに居酒屋に通ってはいないだろうか?

汗をかいた後にお酒を飲むと、酔いやすくなるのを実感している人は多いと思う。

それではスポーツ後のアルコールが、体にどんな”悪”影響を与えているのか。それを知った上で、上手にお酒と付き合ってほしい。

筋肉に悪影響を与える

スポーツ後の筋肉の回復をアルコールが邪魔してしまう。その日に鍛えた分が台無しになるだけではなく、筋肉自体を弱くしてしまうので要注意。

もちろん筋肉が衰えれば、肥満の原因にもなる。

疲れが抜けなくなる

スポーツをした後は乳酸がたまって、疲れを感じる。その疲れの元である乳酸を無害なブドウ糖に変わるのを、アルコールは邪魔してしまう。

脱水症状を引き起こす

アルコールの利尿作用が脱水症状を引き起こすことも。アルコールを飲む前には、スポーツ飲料などでしっかりと水分補給をした方がよい。

さらに体に水分が足りない状態でアルコールを飲んでしまうと、脳梗塞や心筋梗塞の原因となる「血栓」ができやすくなるので要注意だ。

それでも飲みたい時には……

スポーツをして心身ともにリフレッシュした後には、アルコールを飲まずにゆっくりと体を休めた方が良さそうだ。

とはいえ、「スポーツ仲間との一杯」は格別なもの。飲むときには、事前の水分補給を忘れずに、飲みすぎないように注意にしよう

また、タンパク質の豊富なおつまみは、肝臓や筋肉の栄養となるのでお勧めだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking