あなたは大丈夫?相手を尊敬しすぎると恋愛は長続きしない

Text by

  • 17
Shutterstock

Shutterstock

お互いに尊敬し合える相手と恋愛できるのはとても素晴らしいことだ。ただし、片方の気持ちが大きくなりすぎると、恋愛は上手くいかないことが「Journal of Social and Personal Relationships」5月号で発表された研究によって明らかになった。

崇拝と愛情は違う?

30代後半の既婚カップル89組に「夫婦関係への満足度」「自分の評価」「相手からの評価」を聞いたところ、「実際の自分よりも妻からの評価が高い」と答えた男性の夫婦関係への満足度は低く、この傾向は153組の大学生カップルにも見られた。

また、91組の未婚のカップル(17~36歳)に話を聞いたところ、片方が相手ことを偶像化しているカップルは、そうでないカップルよりも離れて座る傾向があったという。

なぜ理想化されるとうまくいかないのか

相手から偶像化され、理想化されてしまうことは、すなわち大きな期待をかけられるということだ。

「相手は自分のことを理解していない」「相手の期待に添えないのではないか」という思いが、ストレスや時には怒りになるのではないかと考えられている。

ただでさえ、パートナーに自分の弱みや欠点を見せられないのは辛い状況だ。

どうすべきか

恋愛相手を尊敬するのはとてもいいことだ。ただそれがプレッシャーにならないように、タイミングと伝え方に気をつけよう。さらに自分がどう思っているかではなく、周囲の視線を交えて伝えてみよう。

例えば相手が昇進したときには、それまでの努力や才能、スキルを褒めるだけではなく、会社の人が評価してくれたことを喜ぶとよいそうだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking