国ごとにNo.1を発表!オンライン上で最も話題のワンコとは?

Text by

  • 0
KLOOFF

KLOOFF

ペットを通して交流を図るアプリ「KLOOFF」が、各国ごとにオンライン上で最も話題になっている犬種を発表をした。

日本で最も話題になったのは秋田犬

日本で最も話題になった犬種は秋田犬だった。同様に人気の高い柴犬と、どれぐらい差があったのか気になるところだ。

また、日本で小型犬が話題に上がる確率はアメリカと比べて24%高かったという。これは家の広さが関係しているのだろう。

他の国で話題な犬種は?

原産国と話題率が一致していたのは、日本の秋田犬以外では、中国のチャウチャウのみにとどまった。

メキシコで一番話題となったのは、チベット原産のシーズー犬。メキシコ原産のチワワは、今回の発表の中では姿を現さなかった。

ドイツ原産の犬は各国で人気のようだ。イギリスではボクサー犬が、インドと南アフリカではジャーマン・シェパードが、スウェーデンではシュナウザーが一番話題に挙がった犬種となった。

ボクサー犬が一番話題に上がったイギリスだが、カナダ(ゴールデン・レトリバー)、アイルランド(ジャック・ラッセル・テリア)、アルゼンチン(ブルドッグ)など多くの国でイギリス原産の犬種が一番話題に挙がっている。

また、ロシアで最も話題になったのが小型犬のヨークシャテリアだというのも、意外な結果だといえるかもしれない。

とはいえオンライン上の話題率はネコが圧勝

ネコの写真は、イヌの写真よりもシェアされる確率が2.3倍も高いという。イヌ派にとっては悔しい結果だ。

KLOOFF - catselfie

ちなみにネットで最も使われたネコ関連のハッシュタグは#Catselfieだという。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking