寒い部屋で寝るだけ!超簡単なダイエット方法が米研究で判明

Text by

  • 1
Shutterstock

Shutterstock

寒い部屋で寝ると痩せやすくなる…こんな簡単なダイエット方法があれば、誰もが試したくなるのではないだろうか?

寒い部屋で眠ると褐色脂肪細胞が増える

学会誌「Diabetes」で発表された論文によると、研究者は4カ月間、5人の若い男性に気温の調節された部屋で睡眠をとってもらい、褐色脂肪細胞の増減を調べた。

最初の1か月は24度、2か月目は19度、3ヶ月目は24度、4か月目は27度の部屋で睡眠をとってもらった。睡眠時は入院患者用の衣服とシーツのみ。睡眠時以外は、日常通りの生活や食生活を送ってもらったという。

すると寒い部屋で眠った月には、被験者の褐色脂肪細胞が増え、暖かい部屋で眠った月には減ったという。

ダイエットの味方!褐色脂肪細胞

“脂肪”と名前が付くといいイメージはわかないかもしれないが、褐色脂肪細胞はカロリーを消費してくれ、体温を保ってくれるダイエットの心強い味方

赤ちゃんの未熟な体を温める役割をしてくれていて、大人になると褐色脂肪細胞は数を減らす。大人になっても、褐色脂肪細胞の割合が多い人は、若々しく、スリムで、血糖値が正常であることは研究者の中では知られていることだという。

つまり、褐色脂肪細胞はダイエットだけではなく、健康やアンチエイジングにも効果的なようだ。

寝起きが悪くなる人はタイマー設定を

「エアコンを点けっぱなしにすると寝起きが悪い」という人は、朝の4時ごろにエアコンが切れるようにタイマーを設定しておこう。人の体は体温の上昇によって、目が覚めるようになっているので、すっきりと目覚められるはずだ。

また、ドライ機能を使ってしまうと湿度が下がりすぎて、ノドなどを痛めてしまうので要注意。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking