「へそのゴマは取った方がいい?」-お医者さんに聞いてみた

Text by

  • 1
123RF

123RF

一度気にしてしまうと、取りたくなってしまう”へそのゴマ”。親から「取らないように」と言われたことはあるけれど、どうして取ってはいけないのか、本当に取ってはいけないのかを知らない人もいるのではないだろうか?

73.7%の医師が「へそのゴマは基本的に放置」と回答

医師専用サイト「MedPeer」(メドピア)が、3697名の医師から得た回答によると、7割以上の医師が、「基本的に放置(炎症の可能性や患者さんからの要請などがあれば除去する)」と回答した。「定期的に除去」(10.3%)、「積極的に除去」(5.3%)と比べると圧倒的な数だ。

どうして放置した方がいいのか

「基本的に放置」と答えた医師からは、「感染等が起きなければ経過観察でよいのでは」や「さわるとかえって炎症を惹起することがあるので放置」、「除去が不潔に行われる、皮膚を傷つけることでむしろ感染を起こすことをしばしば経験しますので」といった回答があった。

どうやら基本的に無害なので、下手に障らない方がいいという考えのようだ。

「除去した方がいい」派の意見は?

「定期的に除去した方がいい」と答えた医師の意見では、「炎症が起こる前に取っておくほうがよいと思います」、「臭いの問題もありますし、放置は衛生上よくないのではと考えていましたが」などが挙げられた。

「積極的に除去する」と答えた医師からは、「放置して難治になった例を見たことがありますから」、「以前内科の研修をしていた時、破傷風菌がへそから検出されたことがありました。とらない理由がわかりません」などのコメントがあった。

衛生面や過去の経験、予防の観点から除去を勧めているようだ。

安全なへそのゴマの除去方法とは?

もし気になって触らずにいられなくなった場合には、下記のような手順で除去をしよう。

1)お風呂に入るなどして、手やおへそ周辺を清潔にする
2)オリーブオイルかベビーオイルをおへそになじませる
3)綿棒などで優しく除去

病院でもへそのゴマの除去処置をしてくれるので、確実で安全な方法を希望するのなら、お医者さんに相談するのがいいだろう。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking