【悲報】労働時間が長い&低収入=2型糖尿病のリスクがアップ

Text by

  • 0
123RF

123RF

一生懸命働いているのに収入は高くない――。思い当るところのある人には、なんとも切ない研究結果が発表された。

週55時間以上働いているだけなら2型糖尿病のリスクは変わらず

ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの教授らによる研究チームが、アメリカ、ヨーロッパ、日本、オーストラリアで過去に行われた、男女22万2120人分の研究結果を分析した。

2型糖尿病へのリスクについて、週55時間以上働いている人と、35~40時間働いている人では、特に目立った違いは現れなかった。

週55時間以上働いて低収入だとリスクは3割増

続いて経済状態で比較。同じ低収入でも週55時間以上働いている人の2型糖尿病へのリスクは、週35~40時間働いている人と比べて、3割も高かった。

また、シフト勤務者の肥満と2型糖尿病のリスクが高いこともわかった。

かといって時間を減らせばいいわけでもない?

研究を率いたMika Kivimäki教授は「時間を減らせば2型糖尿病のリスクが下がるという研究があるわけでもない」と語っている。すなわち、時間を減らせば必ず2型糖尿病のリスクが下がるとは言い切れないようだ。

今回の研究では原因の特定までは至っていないが、収入が低いと家賃の安い郊外に住むため通勤に時間がかかり、そのため睡眠時間や運動に費やす時間が減ることや、ジャンクフードを食べがちになることなどが原因なのかもしれない。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking