能登で“餅をけなす”奇祭が行われて話題に。賛否両論の声も?

Text by

  • 5
能登町ホームページ

能登町ホームページ

11月7日、観光地としても人気の能登の地で、ある奇祭が行われた。それが、「いどり祭」だ。

餅をけなして、来年の豊作を祈る

祭りの名前でもある「いどり」は、「けなす」という意味の方言。当番となる男子のみで直径1.2メートルもの大鏡餅2枚、小型の餅50~60個、とうし餅16枚を作り、陪審をもてなす。

この際に陪審は餅をけなしまくり、当番たちは弁明をし、最後は宮司が仲裁に入り、「来年に期待しましょう」などと場を治めて終了する。

今年陪審を務めた男たちは、来年には当番となり、けなされるための餅を作る。

由緒ある奇祭

この祭りは、毎年1日から8日にかけて行われる「八講 祭(はっこうさい)」の最中に、能登町鵜川の菅原神社にて行われる。

500年の伝統を持ち、石川県の指定無形民俗文化財にも指定されている、由緒ある奇祭だ。

Twitterには「けなしたい」との声も

ほかにも、「「なんなの?白すぎ。ひきこもり?」とか陰湿に貶したい」、「こんな程度で餅を名乗るとはお里が知れるわねえ、とか言うんでしょ!姑になったつもりで、私もけなしたい!」、「「罪もないお年寄りを何人殺せば気が済むんだ」とか言うのか」と言った声や、「餅になりたい」という投稿もあった。 

意外?餅に同情する声も多数

「けなされても、へこまないでね。おもちは、おもちだよ」など、けなされるお餅を不憫に思う声も多いようだ。

実際に祭りを訪れた人のツイートも

これだけTwitterで話題になるこの祭り。実際にその場にいた人も、「笑っちゃう祭りでした」とツイートを残している。

 

 

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking