新婦を初めて見た新郎「ぶさいくすぎる」→式を中止にした上に自殺未遂

Text by

  • 1
123RF

123RF

「結婚相手と会ったのは結婚式当日だった」という人は日本にもいる。ただしほとんどが、高齢者だ。情報も出会いの機会も今よりも少なかった当時なら、もめることも少なかったかもしれないが、このスタイルの結婚は、現代には合っていないのかもしれない。

始めて新婦を見た新郎「ぶさいくすぎる」→自殺未遂

中国の湖北省で、結婚式当日に新婦(30)を始めて見た新郎(33)が、新婦に謝ったうえで、「不細工すぎる」と発言し、式を中止する出来事があった。

それだけではなく、その後新郎は川に飛び込んで自殺を図ったという。

意識を失い、川に浮いている姿が発見される

新郎は式の中止を宣言した数時間後、川辺をウロウロと歩いている姿を目撃されている。通行人が発見し、警察に連絡。救助直後は意識を失っていたものの、命には別状なく、安定した状態のようだ。

新郎友人「好みにうるさかった」

彼が式の中止を告げた後は、新郎側の親族も、新婦側の親族も激怒しており、新郎の友人たちは気恥ずかしい思いをしたそうだ。

新郎の友人曰く、新郎は好みにうるさかったとのこと。今回のお見合い結婚も強要されたものだという。

新郎「新婦がぶさいくだと私のイメージが悪くなる」

一連の出来事の後、新郎はこう語っている。

「今回は悪かったと思っているよ。でも彼女を見たら予想とは全然違っていて、私のイメージが悪くなると思ったんだ」

誰も幸せにならない出来事

今回の出来事で彼のイメージを悪くしたのは、ぶさいくな新婦ではなく彼の発言そのものだと言えるだろう。このニュースは、彼の名前や写真とともに、各メディアに取り上げられている。

自分たちが強要した結婚のせいで息子が自殺未遂した両親も、”ぶさいく”と呼ばれた新婦やその家族も辛い思いをしたに違いない。

つくづく誰も幸せにならないお見合い結婚だったようだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking