男性の体内から取り出された10センチの“卵”―その正体は?

Text by

  • 16
New England Journal of Medicine

New England Journal of Medicine

62歳の男性の体内から、”卵”が取り出されたようだ。

頻尿を訴えていた男性

この”卵”を体内に抱えていた男性は、20年間もトイレが近くて悩んでいたという。そして泌尿器科の医師が見つけたのがこちらだ。

New England Journal of Medicine

 

10センチほどの卵

その卵状の物体は、長さ10センチ、幅7.5センチほどで、220グラムもあったという。つるつるとしていて硬いゴムのような手触りだったそうだ。

New England Journal of Medicine

 

腹腔内遊離体といわれるもの

この卵は腹腔内遊離体や腹膜ネズミと呼ばれているもの。日本でも78歳の男性から、5センチの腹腔内遊離体を除去した記録があるが、今回のものはそれよりもはるかに大きい。

初めは小さな脂肪の塊が、長い年月をかけて大きく成長していったものと考えられる。

輪切りにすると中心に石灰化したタンパク質が

この塊を輪切りにすると、中心部ではタンパク質が石灰化しているのが確かめられた。緑色のインクは、検査のための着色だ。

New England Journal of Medicine

10センチもの塊が膀胱を圧迫していたのが、男性の頻尿の原因だった。除去手術を受けた後には頻尿も治まったという。

こんなものが体内で作られてしまうなんて、人間の体は何とも不思議なものだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking