かつて人間に捨てられた犬、災害支援のためネパールに旅立つ

Text by

  • 0
ピースウィンズ・ジャパン

ピースウィンズ・ジャパン

紛争地域の難民支援や、災害被災者への救助・支援活動を行っているピースウィンズ・ジャパンでは、広島県内での「犬の殺処分ゼロ」運動も進めている。

そんな「犬の殺処分ゼロ」運動の一環で行われているのが、保護された犬を救助犬に育成する活動だ。

夢之丞とハルクがネパール入り

今回、ネパールに出発したのは災害救助犬の夢之丞とハルク。人間から捨てられた夢之丞だが、広島の土砂災害では2名の行方不明者を発見している。

すでに夢之丞とハルクは、ピースウィンズ・ジャパンのメンバーとしてネパールに到着している。

Facebook/ピースワンコ・ジャパン

遠い異国の地での救助活動となったが、ハルクはいつもどおり、夢之丞は最初は緊張していたものの食事をとってからはいつもの調子を取り戻したという。

ピースウィンズ・ジャパン

28日から他国の災害救助犬と協力しながら、カトマンズ市内で捜索活動を開始した。今後、より震源地に近い場所での捜索が予定されているそうだ。災害救助犬の育成活動を伝えるピースウィンズ・ジャパンのFacebookページ「ピースワンコ・ジャパン」には以下のようなコメントが投稿されている。

「引き続き、夢之助、ハルク、隊員たちの安全・体調等を最優先しながら、支援活動に取り組みたいと思います。引き続き、温かく見守っていただきますよう、よろしくお願いします」

 

東日本大震災での恩返しを

東日本大震災の際には、首相が在ネパール日本国大使館を弔問に訪れたほか、貧しい国でありながら、毛布5000枚の寄付をしてくれている。

そんなネパールへの寄付を受け付けている主な団体は以下の通り。

援助の届かない孤立地帯へ向かう「国境なき医師団」
http://www.msf.or.jp/news/detail/headline_2127.html

Tポイントで募金ができる「Yahoo!ネット募金」
http://donation.yahoo.co.jp/detail/1630016/
※寄付金が2倍になる取り組みは、上限金額に達したため締め切られています

災害救助犬を支援「ピースウィンズ・ジャパン」
http://peace-winds.org/news/emergency/7765

現地事務所からの支援も行っている「国連WTP」
https://www.jawfp.org/oneshot?btn=NPL

NGO15団体にまとめて寄付「NGOサポート募金」
http://www.janic.org/bokin/matomete/matomete18.php

2015年ネパール地震救援金「日本赤十字社」
http://www.jrc.or.jp/contribute/help/2015_1/

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking