自転車乗りは要注意!6月1日から取り締まりが強化されるかも?

Text by

  • 4
警視庁・都道府県警察

警視庁・都道府県警察

6月1日から道路交通法が改正されることを知っているだろうか? 自転車乗りなら知っていないと、「今までは大丈夫だったのに……」ということで、警察に呼び止められることが増えるかもしれない。

違反2回以上で「安全講習」

今回の改正で一番特徴的なのは、違反を3年以内に2回以上繰り返すと「安全講習」の受講を命令されること。3ヵ月以内に受講をしないと5万円以下の罰金となる。

安全講習は3時間ほどで、受講料は都道府県ごとに定められるが5700円が標準額だ。

安全講習命令が出るのは14歳以上。自転車通学をしている中学生も対象になる。

どんなことをしたら違反になるのか

摘発を受ける違反行為にはこんなものがある。

・信号無視
・酒気帯び運転
・スマートフォンを操作しながら自転車に乗る(安全運転義務違反)
・音楽を聴きながら自転車に乗る(安全運転義務違反)
・一時停止しなくてはいけないところでの一時不停止
・遮断しはじめた踏切への立ち入り
・逆走する
・歩行者に危険な運転をすること
・交差点で右折するときなどに、車両の進行を妨害する
・ブレーキなどの付いていない自転車を運転する

多くは今まで「3カ月以下の懲役または5万円以下の罰金」だった違反だ。罰則が厳しすぎて口頭注意で終わっていたことも、今後はそれだけでは済まなくなるだろう。「今まで大丈夫だったから」という考えは、捨てたほうがよさそうだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking