小児性犯罪者へ刑務所の代わりに化学的去勢を検討-豪州

Text by

  • 1
123RF

123RF

オーストラリアのニューサウスウェールズ州では、子どもをターゲットとした性犯罪者に薬物を投与して化学的去勢をする”刑罰”の検討を始めた。

刑務所に代わる刑罰になるか

化学的去勢はすでに希望する受刑者に対して行われているという。今後は禁固刑に変わる刑罰になるかを検討する。

すでに行政、被害者グループ、警察、司法や医療のエキスパートたちから代表者が選ばれ、対策本部が組織されているという。

再犯率の高さに着目

トロイ・グラント司法長官は、「我々が気にかけているのは子どもをターゲットとした性犯罪者の再犯率の高さだ。17%が2年以内に再び犯行に及んでいる」とし、「子どもを虐待から守るために、あらゆる選択肢を検討すべきだ」とコメントしている。

疑問の声も上がっている

この新しい刑罰については、地元の活動団体からは疑問の声も上がっている。

現在すでに希望者に対して化学的去勢をしているが、成果を得ていないことが理由だ。

また、子どもへの性的虐待は、性的要求を満たすためだけに行われるのではないと指摘。時には犯罪者の人格が犯行をおこし、時には自尊心を満たすために犯行を起こしている。もっと複雑な問題に対応するべきだと主張している。

対策本部では今年中に何らかの結論を出す予定だ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking