高性能の翻訳機が誕生!しかし、「日本人女性へのセクハラ」とプロモが大炎上

Text by

  • 6
YoutTube/ili

YoutTube/ili

翻訳サイトで外国語を日本語にしたものの、全く意味のわからない文章になることがよくある。日本語の文法が独特なことなどがその理由だ。

外国語を自然な日本語にしてくれる翻訳機が、持ち運びできるサイズで販売されたら、日本に旅行や出張で来る外国人には心強い存在となるだろう。そんな魅力的な製品を紹介しているのにもかかわらず、大ブーイングを受けているプロモーション動画がある。

「東京でキスをする」

そのプロモーション動画のタイトルは、「Kisses in Tokyo(東京でキスをする)」。高性能の翻訳機「ili」を使って、イギリス人男性が見知らぬ日本人女性にキスをねだるという内容だ。

動画の中には、意外な申し出を笑い飛ばす女性、困る女性、怒って去っていく女性、そして申し出を受け入れる女性が登場する。

セクハラ動画と大ブーイング

「イギリスでは普通のことだよ」と女性にキスを迫ったり、走って逃げて行く女性を「1回だけ」と追いかけていたりと、不愉快な思いや怖い思いをした女性がいたのではないかと思えるようなシーンもある。

1月4日に投稿されたこの動画は、すでに43万回以上再生され、670を超えるコメントが投稿されているが、そのほとんどが下記のような辛辣な内容だ。

・なんて気持ち悪いんだ
・すばらしい製品、最低のマーケティング
・素敵な発明にケチがついたな
・こんな発明を待っていた。でも悪用するなんて
・このプロモを作った人はクビになるべきだ
・製品は好きだけど、日本人女性に敬意を払ってほしい。日本や他の国を訪れたときに同じことをしないようにね。
・きっと彼は何度も股間にケリを入れられただろうね
・日本人はカップルでも路上でキスをしないのに
・これを使っている奴を見かけたら、捕まえて踏みつけてやる

一方で「みんな大げさだよ」、「彼は友だちを作ろうとしているだけだ」など擁護の声もある。また、動画につけられている評価は、高評価約1,700、低評価約1,650と、高評価がやや上回っている(1月9日15時30分現在)。

演出された動画?

コメント欄にも「この動画は仕込みではないか」という声が上がっているが、少なくとも一部は演出されたもののように思える。「キス」と言う単語は日本でも使われているのに、翻訳機が伝えるまで女性たちが無反応なのも不自然だ。

わざと炎上を狙ったのかもしれないが、それがこの製品にとって吉と出るのだろうか。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking