「ワタシを連れて帰って!」檻の中でダンスを披露する保護犬が泣ける

Text by

  • 1
Facebook/Crystal L Kincaid

Facebook/Crystal L Kincaid

これを見せれば、ヒトが喜んでくれるのだと理解しているのだろう。保護施設の檻の中でダンスを披露する保護犬の動画が、多くの人の心をつかんだ。

それがこちらだ。

Ginger Rogers is looking for a new dance partner!

Posted by Crystal L Kincaid on 2016年2月10日

ジンジャー・ロジャースと名付けられたこのワンコ。きっと以前の飼い主がダンスを教え、ジンジャーもダンスを見せると飼い主が喜ぶのを知っていたのだろう。

どんな事情があったのかわからないが、そんな飼い主と別れ、保護施設に預けられてしまったジンジャー。新しいダンスパートナーを求めて踊る姿には、胸が痛くなってしまう。

この動画は2月11日に投稿されると、約2日間で26万回以上再生され、6000回以上シェアされた。

また、このダンスに心を動かされた人からは、「誰か彼女を助けてあげて」、「なんてことなの。彼女がねだっているのは助けてもらうことだわ」など、200を超えるコメントが投稿された。

 新しいお家を見つけたジンジャー

この動画が話題になったおかげで、ジンジャーには新しいダンスフロアとダンスパートナーが見つかったそうだ。

手続きを済ませ、月曜には新居に向かうという。

ジンジャーを保護していたのは、米フロリダ州オーランドにある公立の保護施設。ステキな写真で飼い主を募集したり、シニアや病気のある犬猫は通常は55ドル(約6,227円)かかる受け取り費用を無料にしたりと、殺処分を減らすための取り組みを続けている。

Facebook/Orange County Animal Services

Facebook/Orange County Animal Services

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking