2つの鼻を持つワンコ―殺処分寸前の彼に与えられた意外な第二の人生

Text by

  • 2
YouTube/venicebeachfreakshow

YouTube/venicebeachfreakshow

生きているものにはそれぞれ違う性格や個性がある。見ただけではわからないものもあれば、一目見ただけで「違う」と分かるものもいる。

トビーは持って生まれた“違い”のせいで、悲しい結末を迎えるところだったワンコだ。

殺処分寸前だった捨て犬、トビー

1年前、米カリフォルニア州の路上で動物保護団体に保護されたトビー。 以前の飼い主に捨てられたのだろうと考えられている。

愛想がよくまだ若いワンコでありながら里親が見つかる気配はなく、団体は早々に殺処分を決めた。

処分直前で新しい飼い主が!

ちょうどそのころ、トビーの話を聞いたのがトッド・レイ氏だ。

Facebook/Venice Beach Freakshow

Facebook/Venice Beach Freakshow

レイ氏はトビーに会いに行き、家族に迎え入れることを決心した。レイ氏はトビーのことを「ハグと遊ぶのが大好きなんだ。それからありとあらゆる人間がね」と表現している。

調べたところトビーはふたつ鼻があるだけで、まったく健康体だという。ちなみに嗅覚はほかの犬よりもだいぶ良いそうだ。

奇形コレクターで、フリークショーのオーナー

実はレイ氏はヴェニス・ビーチ・フリークショーのオーナーであり、奇形コレクターとしても知られている人物だ。

@venicebeachfreakshowが投稿した写真

特に双頭の動物コレクターとしては、ギネスに世界一のコレクターだと認定されている。

そんなレイ氏だが、コレクションとして彼らを集めているわけではないそうだ。「彼らの美しい違いや彼らが与えてくれる教えに魅了されているんだ」とコメントしている。

“違い”を受け入れる場所

レイ氏のヴェニス・ビーチ・フリークショーには、違いを持って生まれた人々が観客として足を運ぶことも多いようだ。

2本の親指を持って生まれた6歳の男の子は、フリークショーのスタッフに駆け寄ると、うれしそうに彼の手を見せてくれたという。

Facebook/Venice Beach Freakshow

Facebook/Venice Beach Freakshow

とっても興奮する男の子を見て、スタッフもそしてお母さんも喜んだそうだ。

現在トビーは、毎週土曜日と日曜日、レイ氏とともにフリークショーの会場でお客さんを迎えている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking