「ゴミ箱を漁る少年を助けられる?」NZ警察によるメッセージが力強い

Text by

  • 13
Facebook/NZ Police Recruitment

Facebook/NZ Police Recruitment

日本では飢えた子どもや汚い子どもを見る機会はなかなかないもの。ましてや子どもが空腹を満たすために、ごみ箱を漁る姿なんて目にすることはほぼない。

もしあなたの目の前で少年がゴミ箱から食べ物を拾っていたら、あなたは足を止め、その少年を助けることができるだろうか?

そんなことを訴えた1本の動画がある。

▼周りの目を気にしながらゴミ箱を漁る少年

Facebook/NZ Police Recruitment

Facebook/NZ Police Recruitment

▼めぼしい食べ物を見つけると躊躇せず口に運んだ

Facebook/NZ Police Recruitment

Facebook/NZ Police Recruitment

こんな少年の姿を見た人々の反応がこちらだ。

▼ゴミを捨ててそのまま立ち去る人

Facebook/NZ Police Recruitment

Facebook/NZ Police Recruitment

▼気づいているのに何もしない人

Facebook/NZ Police Recruitment

Facebook/NZ Police Recruitment

35分間の実験中に、500人が通り過ぎ少年に声をかけたのはたった7人だったという。

少年を助けようとした7/500人

少年の姿に気づき、助けの手を差し伸べた7人がこちらだ。

▼「大丈夫?」と声をかけた女性

Facebook/NZ Police Recruitment

Facebook/NZ Police Recruitment

▼反応しない少年に辛抱強く「ご飯食べてないの?」と聞く人

Facebook/NZ Police Recruitment

Facebook/NZ Police Recruitment

▼「どうした、相棒?」と明るい調子で歩み寄った男性

Facebook/NZ Police Recruitment

Facebook/NZ Police Recruitment

▼少年に食事を買ってあげると言った女性

Facebook/NZ Police Recruitment

Facebook/NZ Police Recruitment

▼両親はどこかと聞いた3人組

Facebook/NZ Police Recruitment

Facebook/NZ Police Recruitment

ニュージーランド警察が制作した動画

この動画の最後には「彼らは手を差し伸べた。あなたは?」というメッセージが流れる。この動画は少年に気が付き、手を差し伸べられる人が警察官にふさわしいというメッセージを込めて、ニュージーランド警察が制作したもの。

通り過ぎる人々の姿を中心にまとめた動画は3月21日に公開されると、5日間ほどで41万回以上再生された。

Hungry boy – Do you Care Enough to be a Cop?What would you do?#icareenough

NZ Police Recruitmentさんの投稿 2016年3月20日

3月23日に助けた7人の姿をまとめた動画も、公開から3日間で6万5000回近く再生されている。

35 mins of filming, around 500 people had a chance to see the hungry boy and only a few people helped. In the original…

NZ Police Recruitmentさんの投稿 2016年3月22日

通り過ぎた500人の中には、少年の姿に気が付かなかった人もいるだろう。あなたは助けが必要な人の存在に気が付くだろうか? そして手を差し伸べる勇気があるだろうか?

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking