【これはすごい】iPhone内蔵カメラで撮影した地球

Text by

  • 1
www.nagoya-bunri.ac.jp

www.nagoya-bunri.ac.jp

名古屋文理大学・名古屋大学地球水循環研究センター・蒲郡市生命の海科学館・愛知工科大学による共同プロジェクト「SPACE BALOON PROJECT」はさる8月29日、気球にぶら下げたiPhoneの内蔵カメラを使って高度約25,000mの成層圏から地球を撮影することに成功、また全行程の撮影と機器の回収も完遂した。

このプロジェクトは、名古屋文理大の佐原理助教と学生たちが企画し、2012年秋から進められていたもの。気球にデジタルカメラを吊るして高高度から地球を撮影する……という挑戦は、海外ではすでに成功例があるものの、日本では今回が初めての快挙。気象観測用気球を二重にする「ダブルバルーン方式」の採用、専用撮影アプリ「SpaceCam」開発等の、さまざまな工夫が実った形だ。

最高到達点から撮影された動画には、渥美半島・知多半島の姿や、カーブを描く地平線がはっきりと写っており、地球の丸さが実感できる。

ちなみに成層圏の温度は約-50℃、しかも空気が薄く放熱が期待できないとか。そのような過酷な条件下での撮影をきちんとこなしてみせたのだから、iPhoneの内蔵カメラもなかなか捨てたものではないと言えよう。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=E0p3kNWsvUU[/youtube]

osamu sahara

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking