世界初の「グリーンヘリコプター」が初飛行に成功

Text by

  • 0
e-volo

e-volo

このちょっと変わった形をしたヘリコプターは、ドイツe-volo社製の“Volocopter VC200”という機体。なんとローターが18基(!)もある。

実はこれ、電動ヘリコプターなのだ。それもおもちゃのラジコンヘリではなく、れっきとした2人乗りの実用機である。E-Volo社では、環境に優しいという意味で「グリーンヘリコプター」と呼んでいる。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=tNulEa8LTHI[/youtube]

forschungsbuero

VC200は、去る11月17日に屋内での試験飛行に成功したばかり。わずか数分間、最大高度22mのフライトではあったが、「静粛性に優れ、飛行中の振動等の問題もない。設計の正しさが証明された」と開発者は意気軒昂だ。完成したあかつきには、最大高度2,000m・航続距離100kmを実現するという。操縦はすべてコンピュータ制御され、6系統搭載されたバッテリーのうち2系統がダウンしても、安全に着陸できるのだとか。

e-volo

もうひとつユニークなのは、ローター3基・バッテリー1系統からなるブロック×6を分解できること。運用やメンテナンスにかかるコストが低く抑えられるのも利点のひとつだという。

e-volo

e-volo社ではこのVC200の成果に基づき、来年以降量産型の製作に取りかかるとのこと。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking