カンニング竹山、まとめサイトでツイート内容を捏造される

Text by

  • 4
Twitter / @takeyama0330

Twitter / @takeyama0330

お笑い芸人のカンニング竹山が、まとめサイト作成者に発言内容を捏造されるという被害に遭っている。

まとめ作成サイトTogetter上で公開された【正論】カンニング竹山氏「福島の放射能汚染は深刻。 復興なんて程遠いのが現実」というタイトルのまとめがそれだ。 ※現在は非表示になっている。

本人が発していない言葉がまとめのタイトルに

竹山は東日本大震災以降、被災地の福島に何度も足を運んでいるが、さる11/30にも南相馬を訪れ、その模様をTwitterに投稿していた。

件のまとめの作成主はそれらのツイートを引用しつつ、作成主本人の主張を述べる形式のまとめを公開。

しかし、竹山本人のタイムラインを見る限り、タイトルにあるような文言は一切発していない。これではあたかも本人がそうツイートしたかのような誤解を与えかねず、「発言内容の捏造ではないか」と問題視されている。

竹山本人からも反論

また、このまとめを拡散ツイートした人たちに対し竹山本人が反論するという、異例の事態にも発展している。

(筆者注:引用したツイート中のアカウントはまとめ作成主のものではありません)

相次ぐ批判、「常習者」との指摘も

問題のまとめ作成主はTogetterで多数のまとめを作成・公開しているが、今回のように「他者の発言を意図的に誤読・誇張・曲解する形で本人の反原発・反体制主張に絡める」という趣旨のまとめがその大半を占めるようだ。

今回のまとめにも「これはひどい」「(Togetter)運営に報告した」「悪意を感じる」「今まで見過ごしていたがさすがに放置できない」などの批判コメントが相次いでいた。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking