菓子袋に太った人の写真を載せろ―国際団体が各国政府に呼び掛け

Text by

  • 0
shutterstock

shutterstock

高カロリーの食べ物のパッケージに、太った人の写真の表示を義務付ける必要がある――。そんな過激なアイデアを、肥満の危険性を訴える国際団体World Obesity Federation提唱している。

ちなみにアメリカではタバコのパッケージに、健康被害を想起させるショッキングな写真の表示を義務付けている。

肥満についても、そうした方法で消費者に危険性を喚起していく必要があるということらしい。

肥満で死亡する人は全世界で340万人

同組織がこのように主張する背景には、肥満が世界規模での健康リスクをもたらしている現状がある。

肥満が原因の疾病で死亡した人は、2005年には260万人。現在も増加の一途をたどっており、2014年には340万人に上るのだそうだ。

そして今や肥満は、伝染病以外の予防可能な病気の原因として、タバコ以上にランク付けされているという。

同組織は世界各国政府に、塩分や脂肪、砂糖の含有量を減らした健康的な食生活を心掛けるよう国民を教育すること、そしてそのために予算を割くことを提言している。

関係業界の反発も

スナック菓子の袋にでっぷりとしたお腹の写真がプリントされていたら……。肥満の害とは別の観点からも食欲が失せてしまいそうだ。

もし実行に移されることがあれば、食品・飲料業界からの猛反発は必至だろう。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking